連休明けの中国に対して再び攻勢を強めるトランプ米政権

投稿者:

中国の建国記念日「国慶節」を祝う連休が7日に終わり、再び米中貿易協議の行方に焦点が移りそうです。

トランプ米政権は中国の連休明けに早速、「監視カメラ大手の海康威視数字技術を含む中国企業8社を、輸出規制リストに追加した」と発表しました。

更に翌日には「中国・新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒身柄拘束に関係する中国当局者へのビザ発給を制限する」と発表し、同自治区での人権侵害を非難。10日より始まる閣僚級協議を前に再び攻勢を強めています。

これに対して中国側の反発は必至で、閣僚級協議は進展なく終了する可能性が強まってきました。

前回上海で開催された閣僚級協議では進展が見られなかった事から、トランプ米大統領が即座に「対中制裁関税第4弾」の発動を表明しました。

今回も同様の展開となれば、再び報復合戦が始まる可能性もあるだけに、米中貿易協議に関するニュースに一喜一憂する事になるかもしれません。

相場が不安定となれば「買い」での勝負に躊躇してしまい、投資の幅が一気に狭まってしまいそうです…

510534
だとすると、これまでのイナゴ戦略やテーマ株戦略が通用しなくなる日がくるかもしれないですよね。だからこそ、今のうちに下落相場でも勝てる方法を探しておく事が、今後勝つために必要な事かもしれません。

下落相場で勝つ事を考える時、真っ先に思いつくのが空売りを使う事ですが、正直使い方がわからないという人も多いのではないでしょうか?

いろんな投資顧問を見てみても、「下げ相場でも上昇する銘柄を狙う」というスタンスのところばかりで、空売りをうまく活用しているところはほとんどありません。

ところが、ミリオンストック投資顧問は違うみたいです。調べた限りだと珍しく成功報酬プラン(助言に対する報酬が成果に応じるもの)も採用していて、8月の大幅下落の際に大きな利益を提供したみたいなんです。

令和の下落相場での利益
900万円の利益はすごいですね。これには脱帽です。どうやら、顧問を務める橋本明男さんが下落局面を得いとしているらしく、その精度は99%以上(7月8月の急落時の高値予想ラインに対し)と驚くべき精度を出しています。この精度を今後も続ける事ができるなら、イナゴ戦略よりも空売り王になれるかも!
橋本予想
もちろん、それだけではないです。全体相場の下落への対処だけではなく、その戻りに合わせた個別銘柄の推奨をうまく行っているのか、無料銘柄だけでもすごい上昇率を見せています。

下記がミリオンストック投資顧問のサイトです。登録まだの方は下記リンクより是非チェックしてみて下さい。

↓↓↓

《ミリオンストック投資顧問》

とにかくここは推奨する無料情報銘柄の「上昇率」が半端じゃないですよ。実際にサイトの方に見に行って貰えば判りますが、例えば昨年の無料情報の上昇率が合計で1900%超ですからね。無料情報の力の入れっぷりが本当に凄い。

※管理人オススメ

無料情報の評判が良い株サイトはコチラ≫

登録は簡単です。情報収集ツールとしても優秀なので登録だけでもしておく事をオススメしますよ。

▼【簡単利用方法】

下記リンクから簡単に登録出来ます。必要なのはメールアドレス一つだけ。パソコンのメールでもスマホでも携帯でも、どのアドレス使っても大丈夫です。

1,無料のメールマガジン登録をする

2,すぐに「急騰期待大注目銘柄」を受け取れます

3,後はメルマガで定期的に無料情報を配信してくれる

↓↓↓

《ミリオンストック投資顧問》

ブログランキングに参加しましたので応援よろしく!
1日1回押してくれたら
ピョンピョン跳ねます
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

トレード日記ランキング

株式投資ランキング



Source: 株なんてイナゴやっとけば大体勝てる?!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です