『イールドギャップで物件を優良化しよう( `ー´)ノ』

投稿者:

こんにちは 

 

ハウスメーカー勤務のサラリーマン大家業との足のわらじで奮闘している

【プレジデント168】です!(^^)!

 

 

 

↓励みになりますのでクリックしてください(*’▽’)↓


不動産投資ランキング

人気ブログランキングへ

 にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

 

 

さて、前回のブログの続きです↓

 

president168.hatenablog.com

 

昨日は利回りの話に少しだけ触れてみましたが・・・

 

不動産投資は多くの方が銀行からの融資を引いてレバレッジを効かせて行ってます(^^♪

 

もちろんも地主でもなければ資産家でもないため融資ありきの投資家です(^^;)

 

何度も書いておりますようにひと昔前よりもかなり融資がきつく・・・

 

金利自体もの感覚では2年前よりも高くなってきました(^▽^;)

 

融資を引いている不動産投資家にとって利回りと金利との関係は非常に重要ですよね(^-^;

 

いわゆるイールドギャップです(*´з`)

 

例えば同じ金額で借入期間が同じ物件二つをならべてみると

 

①表面利回りが10%の物件

 

 金利が3%の場合は7%の差がイールドギャップとなる物件です

 

②表面利回りが8%の物件

 

 金利が1%の場合は7%の差がイールドギャップとなります(#^^#)

 

②は低金利仕入れたおかげで①の物件と同じような投資価値が出てくる可能性があり

 

金利の設定次第では非常に好条件の物件に変えることも可能になってくるのです(^-^)

 

それこそちょっと前まではもっと高い金利で物件を購入している人もいましたが・・・

 

その場合は金利交渉や借り換えの検討をして物件価値を上げるほうが良いでしょう♪

 

f:id:President168:20191006175202j:plain

 

その際は完済する時にかかる銀行への違約金の計算も忘れないようにしましょう(^^;)

 

意外と馬鹿にならない金額になりますよ~(^▽^;)

 

借り換えの時はペナルティーを先に銀行に相談しておくことをお勧めします(^^;)

 

president168.hatenablog.com

 

固定期間切り替えのタイミングで金利交渉をすることも有効ですので・・・

 

前もって固定期間がいつまでかもチェックしておくと良いと思います(*´з`)

 

所有物件を金利操作でより良い物件に仕上げてキャッシュフローを生みましょう♪

 

もちろん・・・

 

完済した時は夢のような生活が待ってますが( *´艸`)

 

やっててよかった不動産投資です(^^♪

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサルをしている【菊原智明氏】の新刊に私も載りました(´▽`)

 是非宜しくお願いします( `ー´)ノ

↓↓↓↓↓↓

 

 

 ↑↑↑ここから購入できます♪

 是非読んでみてください( ..)φメモメモ

 

 

 

 

↓面白かったらクリックしてください(*‘∀‘)↓


不動産投資ランキング

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

 ↑ぜひこちらもクリックしてください(^.^)

 

Source: 【プレジデント168】大家業と家族の奮闘日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です