◆電子政府、RPA、クラウド、SaaS、消費税増税メリットなどのテーマ性に絡んだ銘柄

投稿者:

あすなろ投資顧問が8月22日にYouTubeで配信した動画でYEN蔵さんが“ボラティリティが高いので高値は買わないで頂きたい”“落ちてきたら狙っていただいてもいいかなと”と話されていたピー・シー・エー(9629)ですが、9営業日連続陰線で75日線まで落ちてきてますね。

9629 ピー・シー・エー 東1
2019-09-10終値3,730 前日比-195(-4.97%)
PER   :(連)25.42倍
PBR   :(連) 2.02倍
配当利回り:0.83%
信用倍率 :12.39倍
時価総額 :287.21億円
単元株数 :100株


ピー・シー・エー(9629)はコンピューターソフトの開発および販売を行っている会社で、「電子政府」「RPA」「クラウド」「マイナンバー」「SaaS」「消費税増税メリット」「働き方改革」などのテーマ性に絡んでいる銘柄。

7月1日に『「ITR Market View:ERP市場2019」にてSaaS型ERP販売業務分野の売上金額シェアで3年連続1位を獲得』を発表してますが、ピー・シー・エーが開発・販売する中堅・中小法人向け基幹業務クラウドサービス「PCA クラウド」は、SaaS型ERP市場の販売業務分野における売上金額シェアで、2016年度、2017年度、2018年度予測の3年連続で第1位を獲得しています。

7月26日に発表となった「2020年3月期 第1四半期決算短信[日本基準](連結)」の経常利益は前年同期比8.66倍の5.98億円に拡大し、通期予想14.99億円に対する進捗率は39.89%に達し、5年平均の11.6%を大きく上回る内容。

個人的には3,300円台ぐらいまで落ちてきて欲しいところですが、これまでのチャートを見る限り75日線あたりでリバ狙いの買いが入ってきそうな感じですかね。

今年に入り株価をだいた上げた銘柄ですが、テーマ性が豊富な好業績株なので、75日線まで下げ切り返してくるか注目してみたいと思います。

相場に関して、別の8月22日付で公開となった動画で“売り切った感有り”“ヘッジファンドも売り切った感。ポジションほぼなし。つまり買うしかない状態”“日経平均狭い中でもみ合い。うわっぱなれが期待できる”などと話されてましたが、8月最終週あたりから買いで入られた人はここしばらくの強い相場でいい感じに勝てていたりするのではないでしょうか。

“外国勢はタイミングを見計らい下押ししたところで再び参戦してくるだろう”“むしろ外国人のポジションがパンパンな方がリスク”“キャッシュ比率が高い今こそ国内投資家の仕込みターン”などとも話されてましたが、あすなろ投資顧問の読み通りの展開となってる印象ですね。

あすなろ投資顧問は「Kabutan」や「みんなの株式」などで掲載されていて、株をやってる人なら殆どの人が知ってるサイトかと思いますが、経験豊富な人が多く集まり運営していて、サイト内で書かれていることが結構参考になるので、今後のトレードを少しでも良くしたいと思われる人は試しにでも一度メールアドレスを登録してサイト内で公開となっている情報をチェックしてみることをおすすめします。

相場動向を上手く読めない人におすすめ⇒

株は相場動向を上手く読めるかどうかってところが何気に結構大きいと思います。

当たり前ですが地合いが悪い時より地合いがいい時の方が勝ちやすいですよね。

恐怖指数とかファンドの売りとか債権の王様ピムコや海外投資家の動きを自分で把握できる方にはあれかもですが、そういうのがあまり良く分からないって人はあすなろ投資顧問がサイト内で公開している情報などを試しにでも参照してみるといいんじゃないかなと思います。

株はどんな相場のときも情報戦です。

日々張るべくアンテナを張り、要領よく情報を集め、上手く取引していきたいものですね。

Copyright © 2019 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信 All Rights Reserved.

Source: 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です