◆1,000万、2,000万、3,000万と株で資金を増やしていくには?

投稿者:

株取引をしていて損切りばかりしている、塩漬け株をすぐ作ってしまうという人は、何かしらトレードする銘柄の決め方に問題があるのではないかと思います。

  • チャートだけ見てトレードしている
  • 日本経済新聞や四季報を見て良さそうな銘柄をトレードしている
  • IRが出た銘柄をトレードしている
  • トンピン銘柄やウルフ銘柄にイナゴっている

トレードする銘柄の決め方は色々あるかと思います、チャートがいいからだったり、新聞などで取り上げられていたからだったり、IRが出たからだったり、ツイッターで有名な人が取り上げていたからだったりだけで買ったりするのは、どちらかと言うとオーソドックスな感じだと思います。

オーソドックスな取引でしっかりと利益を得てこれている人は別にいいかと思いますが、上手くいっていないって人は、もう少し銘柄を分析してみるのも大切かと思います。

  • IRに力を入れている銘柄
  • 増配や自社株買いに意欲的な銘柄
  • 近々好材料が出る思惑がある銘柄
  • 大口資金を呼び込む働きかけを行っている銘柄
  • 業務提携・買収の前兆を確認できる銘柄
  • 大株主が高値での売却を狙ってそうな銘柄

IRは決算発表ぐらいって感じの銘柄が悪いとは言いませんが、なんというかIRが決算発表ぐらいだと会社を成長させる意欲があるのだろうかって気がしますよね。

自分の大切な資金を増やす為に投資するのですから、投資先は安直に選んでしまうものではないと思います。

チャートだけ見て簡単に勝てればいいのですが、チャートだけで勝てるならだれも苦労しませんし、株で簡単に億稼げるなら、みんな株をやってみんな億単位のお金をもってます。

株取引は資金の奪い合いで、投資のプロを相手にしているのことを忘れてはいけません。

なのでアンテナをしっかりと張り、視野を広く持つことが大切です。

チェックしておくべき株情報」で影響力がありそうな人やサイトなどをまとめてますが、今時はネット上でいかに要領良く情報をチェックできるかというところがあると思うので、視野が狭いトレードをしてしまっていると思う人は、株情報サイトを参照したりするのも大切かと思います。

株情報サイトを参照したりしていると、どういう銘柄にどういう理由で注目しているかなどが書かれていたりするので、株の知識や相場観が自然と身に付いてきたりするのではないでしょうか。

どこか見ている株情報サイトがあるかとか聞かれたりしますが、ここしばらくは、元証券マンで利食い仙人と呼ばれている濱村比呂史氏のコラムを掲載してたりする「MT」をチェックしたりしています。

98%が利用して良かったと実感する充実の無料サービスと書かれてますが、「MT」は濱村比呂史氏の他に、フィスコで顧問を務めていた柄澤 邦光氏や、元野村證券で上場企業準備室に担当部長として参加していた宮本和則氏など、様々な背景や得意分野を持つ分析者を擁し情報提供を行っているサイトです。

長く相場を見てきている人の情報は何かと的を得ていて参考になると思うので、まだサイト内情報をチェックしていないって人は、試しにでも一度アドレス登録してサイト内で公開となっている情報を見てみた方がいいと思います。

サラリーマン投資家は特に日々仕事で色々と情報をチェックする時間がなかったりすると思うので、こうした情報配信サービスを上手く活用できるかどうかは大きい気がします。

【おすすめ】株情報サイト「MT」⇒

配信情報を見ている人と見ていない人とでは、狙える銘柄の幅が違ってくるのではないでしょうか。

米中貿易摩擦への懸念でリスクオフの流れとなりましたが、相場の流れに上手く乗れるよう、少しでも根拠をもって取引出来るよう、トレードに役立ちそうな情報や相場への影響力がありそうな情報は日々しっかりチェックするようにしたいですね。

Copyright © 2019 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信 All Rights Reserved.

Source: 株プロサラリーマンの激推し銘柄通信

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です