保有銘柄決算コメント(1)

投稿者:

今日は直近で決算発表を終えた保有銘柄に関して簡単にコメントしていきたいと思います。



グッドスピード(7676)



同社は9月末決算の企業ですので、直近では2022年9月期の第一四半期決算となりました。



売上高は前年同期比125%、営業利益は前年同期比146%と高成長を継続していますが、通期業績見通しに対する進捗としては売上高は20.1%、営業利益は9.8%の進捗ということで、進捗率だけを見ると思わしくない状況です。



ただ、これは昨年も同様で、同社の場合は第二四半期と、第四四半期が需要期となり、前期も営業利益の多くを第四四半期に計上していましたので、今期も第三四半期決算までは、通期業績見通しに対して進捗率は未達という展開になるのではないかと想定しています。



同社に関してはIR情報が充実していますので、日々の株価の値動きで売買の判断をするよりも、IR情報から業績のトレンドを追っていったほうが良いと思います。



T.S.I (7362)



サービスつき高齢者向け住宅を手掛ける企業で、直近で2021年12月期決算発表がありました。



前期は通期業績予測に対して、売上高、当期純利益は若干上振れして着地しています。

第三四半期決算時点で、進捗が思わしくなかったことから心配していた投資家も多かったのではないでしょうか。



2022年12月期に関しては売上高が4,235百万円(前年比+24.5%)、営業利益236百万円(同+37%)、当期純利益183百万円(同+32.6%)と大幅な増収増益を見込んでおり、既存開設済みの施設からのストックが売上面、利益面でも貢献してくる見通しとなっています。



サービス付き高齢者向け住宅の建築請負と、施設が高稼働率になってから物件を売却することによる売上高、利益計上も同社の成長エンジンとなっていますが、運営施設が増えてくることで、入居者からの利用料や介護報酬がストックビジネスとして厚みを増してきそうです。



2022年12月期で31施設の拠点数を、2031年12月期には150施設まで増やす計画を掲げており、中長期での大きな成長にも期待したいと思います。




私の書籍「割安成長株で2億円 実践テクニック」好評発売中。




Twitterでもつぶやいています。

ブログの更新情報もお知らせ。

株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Source: サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です