資産運用だけでなく預貯金も重要

投稿者:

私は株式投資で資産運用をしていますが、運用だけでなく同時に預貯金も着実に積み上げています。



株式投資の運用資金は、株式投資による運用益だけで回していて、サラリーマンとしての給与収入や株式投資の配当金が日々の生活費と、預貯金になっています。



預貯金には利息がほとんどつきませんので、預貯金は生活資金として必要な最小限にとどめて、ほとんどを運用に回している方も個人投資家のかたには多そうですが、資産を個別株や投資信託で保有していると景気などの外部要因による資産の増減の振れ幅が大きくなりますので、私の場合は資産運用でリスクを取っている分、安全資産として預貯金を残すようにしています。



なお、運用資産と預貯金を分けて、預貯金も着実に増やしておくことで、将来的に会社を早期リタイアした場合にも、運用資金を生活資金としてすぐには取り崩さなくても済みます。



「FIREを目指す」、「1億円を目指す」という方は、最初は手元資産の多くを運用にあてることになるかもしれませんが、ある程度軌道に乗ってきたら、今の仕事を辞めた後のことを見据えて預貯金などの安全資産も手元に残しておくことも考えておいたほうが良いと思います。




私の書籍が9月8日発売されました!好評発売中。




Twitterでもつぶやいています。

ブログの更新情報もお知らせ。

株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Source: サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です