今注目の業界について

投稿者:

私は取材等で「いま日本株に投資するとしたらどんな業界の銘柄が良いか?」と聞かれた場合は、介護業界と物流業界を挙げるようにしています。



介護関連は人口の多い団塊の世代が要介護年齢を迎える2025年問題もあるように、市場が当面拡大を続けますので、2010年代から私は介護関連銘柄に注力していました。



当面は介護関連の成長企業への投資を継続したいと思います。



また、物流業界に関しては、私が現在保有中のヒガシトゥエンティワンや、ビーイングホールディングスもそうですが3PL(サードパーティーロジスティクス)を手掛ける銘柄に注目しています。



3PLとは物流業務(在庫管理、倉庫、輸送など)を第三者企業に委託するビジネスモデルのことです。



コロナ環境下ということもあって、個人消費者向けのビジネスに関しては店頭販売からECへのシフトが進み、配送する商品の数量が増加しています。



また、物流業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)による効率化が進む中で、物流業務丸ごと3PL事業者に任せようというニーズが今後ますます高まると考えています。



企業にとっては第三者企業に委託する手数料を加味しても、アウトソーシングしたほうが物流業務をコスト削減でき、サービス向上にもつながります。



日本は少子高齢化が進んで、2026年には人口が1億2,000万人を割り込み、2048年には1億人を割り込むそうですので、日本株に関しては、投資信託のように広く分散投資するよりは、今後も成長する業界、銘柄に厳選する運用を続けていこうと思います。





私の書籍「割安成長株で2億円 実践テクニック」好評発売中。




Twitterでもつぶやいています。

ブログの更新情報もお知らせ。

株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Source: サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です