利益確定した後の行動も重要

投稿者:

私が株式投資をはじめたのは2002年ですが、そのあと私の母親が私に触発されて株式投資をはじめ、いまも運用を継続しています。



先日実家の母親にコロナワクチンの接種の件で連絡を取った際に、保有していたオリックス100株と、島津製作所100株を売却して15万円の利益になったと話していました。



母親はオリックスの株式を株主優待と高配当狙いで5年以上保有していたはずですが、それでも値上がり益を得るため売却したというのはさすがです。



新たな銘柄を買うのか聞いたところ、日本株は時々大きく下げることがあるので、そのときに改めて買うとのこと。



そうした考えなら私としても不安はないため、今後も母親の自由意思で株式投資は頑張ってもらいたいと思います。



株式投資で利益確定や損切りをして、現金買付余力が増えることがありますが、株式投資の初心者の方は余力が出来たら新たな銘柄をすぐに買ってしまいがちです。



ただ買付余力が出来たタイミングが、チェックしていた銘柄を買うための絶好のタイミングとは限りません。



「早く買いたい」と気が急いて高値掴みになることが無いよう、新たな銘柄の購入タイミングは冷静に探りましょう。

9月8日に私の書籍が発売されます!予約受付中。



Twitterでもつぶやいています。

ブログの更新情報もお知らせ。

株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です