私の株式資産が伸び悩んでいた時に起きていたこと

投稿者:

こちらのグラフは2003年8月に私が株式取引の取引記録をつけ始めてから2020年末までの株式資産の推移です。

shisansuii







私の投資成績は年次でみると2007年しか損をしていないのですが、2016年~2010年の間、資産が伸び悩んでいるのがこうしてグラフにすると見て取れると思います。



私は利益確定、損切りといった確定ベースで損益記録をつけていますが、2006年~2010年の伸び悩みの期間に以下のようなことが起きていました。



<1>

買付余力がなく、リーマンショックで株式市場が大きく下落した際に割安銘柄の購入ができなかった



<2>

増収増益の優良銘柄で大きな含み損を抱えて、損切りもできず身動きが取れなくなっていた



<3>

年間の投資成績でマイナスにならないように、保有銘柄を損切りする際に、含み益の出ている銘柄を利益確定してしまっていた。




これらの状況から脱することが出来たのが2011年あたりになります。



この伸び悩みの期間に経験したことを反省点として踏まえて運用を改善したことで、2012年からのアベノミクス相場で株式資産を増やすことにつながりました。



伸び悩みの時期に学んだこと

<1>買付余力の確保

<2>素早い損切り

<3>損小利大




ブログやTwitterで私が繰り返し語っていることですね・・・。



私自身の過去の失敗から学んだことになります。


Twitterでもつぶやいています。

ブログの更新情報もお知らせ。

株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です