【2987】タスキ 底練りから不動産テックで花開く?

投稿者:
東証1部【2987】タスキ
20210113

タスキの配当利回りまとめ

執筆時株価:3010.0円
最低投資金額:301,000円
1株配当(会社予想):30.00円
配当利回り(会社予想):0.99%
権利確定月:3月/9月

タスキは富裕層向けに投資用の新築マンションを企画販売する会社です。主に相続税対策をアピールして営業している事が特徴で、都内23区を中心にしています。

基本的には駅チカ物件となる事から賃料の下落リスクが少ないという説明も売りにしているようです。また、駅チカ物件だと人の往来が多く、一階は防犯リスクから不人気となります。稼働率の低い一階部分をトランクルームにしたりと細かい点を改善して利回りを上昇させる取り組みをしています。

また、賃金の前払いサービスを行う「DayPay(デイペイ)事業」も展開していましたが、こちらは撤退。ただ、このようなテックのノウハウを活かし当て不動産テック企業として今後の成長につなげる予定です。

配当性向は30%としており、配当金額がわかりやすいのも魅力の1つといえます。

週末にオススメ銘柄として記載しましたが、見事に底練り状態から25日移動平均線で反発しています。配当だけではなく、キャピタルゲインを狙うのであればここを背に取り組むのが良いかもしれません。

テクニカルだけで見ると、1/3戻しでも3893円。半値戻しであれば4307円となりますので夢があるかと思います。

ただ、板が薄く上昇が見込める反面、値動きが激しいのでドローダウンもある程度考慮にいれないといけないのがたまに傷だと思います。

とはいえ、不動産テックはまだまだ開発の余地のある事業ですので将来性に期待しています。


Source: 配当利回りオススメ銘柄まとめ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です