コロナの影響を受けている銘柄への投資について

投稿者:

先週は製薬会社ファイザーによる新型コロナウィルスワクチンの報道がきっかけとなり株式市場が大きく動きました。



これまで旅行客の減少で下落していたJRや私鉄等の鉄道会社や旅行関連の銘柄の株価が急騰した一方で、巣ごもり関連やDX(デジタルトランスフォーメーション)関連として買われていた銘柄が急落して、マザーズ指数は1日に6%以上も下落する日がありました。



ただ、こうした大荒れの相場の中でも新型コロナウィルスの感染拡大が業績に直結しない銘柄は先週も大きな株価変動はありませんでした。



サラリーマンで仕事をしながら株式投資をしていると、急激な株価の変動には対応しきれません。



仕事中に株式市場の値動きに気になってしまいがちな方は、コロナウィルスの影響をプラスにもマイナスにも受けにくい銘柄を選定していきましょう。



そうすることで、コロナ関連として割高な水準まで買われている銘柄を買わなくて済みますし、コロナ関連で売られている銘柄に関しても、コロナの第3波、第4波到来による株価下落リスクを低減できると思います。





Twitterでもつぶやいています。

ブログの更新情報もお知らせ。



この度私の書籍が出版されました。


株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です