株式投資初心者がついついやってしまうこと

投稿者:

株式投資をしていると、魅力的な銘柄が次々と見つかって新たな銘柄を次々と買いたくなってしまいますが、証券口座の買付余力にも限界がありますので、そうなると保有株を売却して買付余力をねん出したい誘惑に駆られます。



しかしながら、新しい銘柄を買いたいから保有している銘柄を売るというのは、保有株の売却タイミングとしては適切ではありません。



株式投資をはじめてしばらくの間は株式を買うことが楽しくてつい頻繁に新たな銘柄に乗り換えてしまう気持ちもわかります。



ただし、アドバイスをするなら、株式投資を行う目的は株式を買うことではなくて、あくまで資産を増やすことです。



買いたい銘柄が出てきたときには、いったん監視銘柄リストに入れて、ほかの買いたい銘柄と比較検討したり、保有株と業績や割安度を比較してみるなど、冷静になれる仕組みを入れてみましょう。




Twitterでもつぶやいています。

ブログの更新情報もお知らせ。



この度私の書籍が出版されました。


株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です